会社概要

管継手メーカーのパイオニアとして、
成長し続けます

カスタムメイドを基本とするヴィクトリックの製品づくりは、創立から90年以上経った現在も技術を磨き続け、管継手メーカーとして地震や地盤沈下からライフラインを守るという役割を果たしています。

社名日本ヴィクトリック株式会社
(THE VICTAULIC COMPANY OF JAPAN LIMITED)
創立1929年(昭和4年)7月
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 和田 剛二
従業員数126名(令和3年8月1日現在)
事業内容上水道・下水道・工業用水・農業用水・ダム・発電所など幅広い分野での用途をもつ各種管継手及び部品の開発・製造・販売並びに付帯する設計施工、コンサルティング業務。
主要取引銀行三菱UFJ銀行、商工組合中央金庫、日本政策金融公庫
本社〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル4階
TEL. 03(5114)8531(代表)/FAX. 03(5114)8532
事業所支社:札幌、名古屋、大阪、福岡
工場:滋賀、神戸
許認可ISO9001、ISO14001、国土交通大臣許可(水道施設工事業)、日本水道協会
日本工業用水協会、国土交通省官庁営繕部、自治省消防庁
主要取引先名[順不同 敬称略]
国土交通省・経済産業省・厚生労働省、東日本高速道路株式会社・他、各都道府県自治体、東京電力株式会社他各電力会社、日本製鉄株式会社他ミルメーカー各社、三菱重工業株式会社他重工業各社、 丸紅株式会社他各商社、高砂熱学工業株式会社他空調衛生会社、鹿島建設株式会社他各建設会社 他各種業界多数の企業

品質・環境方針

経営理念

日本ヴィクトリック株式会社(以下、当社という)は、当社が提供するパイプ用ジョイント及び目地継手の製造・据付および販売業務において下記の事項を確実にする為、ISO9001:2015に基づく品質マネジメントシステムならびにISO14001:2015に基づく環境マネジメントシステムを確立し維持する。

品質

「顧客満足」を第一目標とし、当社製品の製作に関して、顧客のニーズを理解し顧客要求事項を満たす総合品質(Quality, Delivery, Cost)の優れた製品を提供するとともに、企業活動のあらゆる面で継続的改善を行い、製品を通じて社会に貢献する。

環境

「汚染の予防」「環境保護」を第一目標とし、地球にやさしい企業を目指し、全社 を挙げて環境保全に取り組むと共により良い環境作りを積極的に行い、企業活動を通じて社会に貢献する。

基本方針

当社は、品質ならびに環境マネジメントシステムに対応する基本方針として下記の内容を定め、それを当社のために働くすべての人に知らしめると共に実行し、維持する。

品質

顧客が要求する品質事項を満たすことの重要性を、組織全体に理解させるとともに、企業活動における品質マネジメントシステムのあらゆる面で、有効性の継続的改善を行い、顧客満足の向上を図る。

環境

環境問題が人類共通の重要課題であることを、当社のために働くすべての人に認識させると共に、企業活動における環境マネジメントシステムの有効性を継続的に改善し、周辺地域との協調・共生を図り、社会への貢献を目指す。

TOP

水管橋/長大橋

水管橋は、河川や水路などを横断して送水する事を目的とした橋梁です。長いものでは、1km以上の一級河川にも設置されるため、温度変化による伸縮や地震時の3次元的変位にも耐えられる様に、伸縮管や伸縮可とう管を設置します。生活に必要な水を供給する重要施設の為、水を止めずに耐震補強が可能なリペア製品も採用されています。

関連製品